FC2ブログ

モァーン

もう、ホントに暮れですね。
季節感や四季感の少ないクラッシャーZではございますが、この時期は歌番組が増えるので、何となく、[年末だなぁ]と感じる事ができます。
先週の事ですが、めでたく焼却炉が売れましたっ
IMG0389.jpg

引取り~試運転等、キカイダーHさんが実施したものではございますが、丁度Hさんが引き取りで外勤の時に、外に置いてある焼却炉を見たお客様が店に立ち寄って下さり、到達温度や制御方法などを尋ねてこられました。

数日前、Hさんが試運転をし、昇温しなくて悩んでいた時に、横で機械を洗っていた私は、温度調節器の設定では?とお伝えした経緯があったり、また、洗いながら無意識ながら、リレーの音を聴いたりしていたおかげで、900℃を越えられる事や、ON-OFF制御である事などお答え~オススメ出来たのですが、そのお方が数日後、再度来店下さり、
「調べたら、このサイズの焼却炉、申請しなくて良い事がわかった!動作がこの前あんたが教えてくれた通りなら、これで完璧だっ
と、購入を決めて下さいました

「機械は、音で語る。デシベルだか何だか知らんが、騒音がナンタラとか言って、耳栓しながら機械操作しろなんてバカだっ
と陰ながら査察官に対し怒っていた、HMDじいちゃん。そんな方が昔いたのですが、無意識にリレーや機械の音が入ってくりゃ、まぁまぁでしょうか・・・人の声は入ってきませんがねぇ・・・

焼却炉が売れて嬉しかった理由は、上記の事項以上に、これです。
IMG9394.jpg
↑ダメレデューサー(煙突根元)

これをフランジ部だけもらって全てガス切りし、鉄板でレデューサー配管を作りましたっ。
IMG9454.jpg

これはおまけ(で製作)
IMG4409.jpg

出品に一枚噛んでいるので、売れて喜び倍増な訳ですっ!そしてモァーンから解放されましたっ!


直径が大きい側のパイプがあれば、地図のグード図法の様に切り込みを入れて、熱しながら叩いて畳んでいけば比較的簡易にレデューサーは作れるのですが・・・
無いんです。
板状のものを管にするしかない訳です
無ければ作る
2Dを3Dへ。CEOの好きな(?)空間ナンチャラ能力ですねっ。最近の弊社の入社試験にありましたねっ

厚さ1.6mmの皮膜付き鉄板なので、ガス切断機では広がりすぎる為、卦書いた(←けがいた)後、グラインダー数分割で切り、なめして曲げていき、フランジへ分割したrのついた鉄板を点付けし、
tu2.jpg
↑こうならない様に、
tu1.jpg
 ↑こうなる様に、
角度を調整し、溶接します。

半自動溶接機は出品したものが一台ありましたが、闇深くへ封印され、出すのに時間がかかるので、アーク溶接で実施しました。

「あぁ、溶接っ 私も結構やるんですよ。」
と、お声を下さったのは、トライアルでいらしていた高齢の方。

Z 「ホントですかー!嬉しいっスねー!ではではっ

トライアル中という事もあり、この1.6mm厚を溶接出来るなら、即戦力を上へアピールしてさしあげる事が出来ると思い、溶接ホルダーを渡してみました。
腰が低く丁寧で、且つ、色々出来ると仰っているので、キカイダーHさんも我々も、期待の星の方なのですっ!

バチっ  バっ  バっ  チチっ  チっ
「ん?あっ、、、あれっ?普段こんなにくっつかないんですけどねぇ・・・」

Z 「重さのかかる煙突の根元なので、煙が漏れたり、くっつきが悪くて自重崩壊してもダメだから、LBの溶棒を使ってるんです。」
「L・・・B?」

Z 「あと、片方ペラペラの板なので、電流値かなり下げてます。フランジは厚いので、フランジ側もギリギリ溶けさせられる程度でという状態なので、ホントギリギリの電流値です。被膜付いていますしねぇ。」
「いや、でも普段はもうちょっと・・・LB??」

Z 「普通溶棒のB-14とかより、鉄が多く含まれてて粘りが強い溶棒です。大体、溶接やるトコには、メーカー毎で名前は違えどBと、LBとSUS(ステンレス)的な溶棒はありますよね?」
「仕事でやってたわけじゃないので・・・ちょっと・・・」

Z 「え?仕事じゃないんですか、、?」
履歴書に仕事で機械等扱っていた的に記載があった様な・・・
記憶違いだったか・・・?(特技[忘却]なので記憶には自信ありません)


「あっ!!

あっ!!

穴あいちゃいました・・・」


1mmも進まずに穴・・・
そして、あさってな色んな場所に[くっつきスパーク]の跡が・・・

ごめんなさい。そんなつもりでやってみてもらったわけではなかったのです・・・モノを見た上で、出来るって仰るから・・・これもあれも出来るって仰ってたじゃないスかぁー
恥かかせるつもりなんて無かったんです。ごめんなさい・・・
って何か私が悪いみたい・・・

職員数が弊社の100倍を越えるかという大会社に勤め、ある程度年功を積んでしまうと、何でも出来る風を装わなくては、指示する側としては色々難しい・・・?若しくは、部下に、[この人を越えた]と思われたくない・・・?
みたいな事項って、ホントにあるのかもしれないのでしょうか・・・
出来る様になれば良いだけと思うのは私だけで(?)、出来る「風」でなくてはならないのかな・・・?
何かかわいそうというか、ツラくなってきた・・・

しかし、私に話すお話が、ほぼ活躍伝でいらしたので、ではどこからが、そうであったのか・・・

思えば、得意で家にもあるという電動工具を商品化(動作確認と清掃)頂いていた時の、

「これ、動かないんですよ」
Z 「本体と充電池と充電器のどれがダメっぽいですか?」
「どうやって分かるんですか?」

というやりとりが数日前にありました・・・
[どれがダメか]という調査は、機械や工具を扱う者にとって基本的な内容なので、「どうやって分かるんですか?」と言われた際には、こちらが試されているのかと思っていたのですが・・・

たくさんいたであろう部下は誰一人気付かなかったのか・・・いや気付いていてそっとしてあげていた・・・のか・・・?
何十年も・・・?
双方ツラい。
(勝手な妄想で)何か涙が出てきそうだ・・・

心で謝罪?やら疑問やら妄想モヤモヤやらを繰り返しつつ、あけられちまったφ3mmくらいの穴を溶接で埋め、先ほどの続きから開始。
強度が欲しい事もあり、太めにやりました。

色々な跡が付いてしまい、その凸凹を除去する為に、その所々だけグラインダーを軽くあてた為、黒被膜がマダラになってしまい、ただでも太い溶接で見栄えが悪いのに、最悪な見栄えと化してしまったので、予定にないペンキを塗る事にしました。
浮いた銀色です・・・
IMG4408.jpg

上の写真の様に設置して


オーゲーィっ


溶接部からの煙漏れなーしっ


んー・・・


・・・


なーんか達成感よりモァーンとしてしまった1日でした。トホホ


な感じでしたので、すぐに売れて下さった喜びと共に、モァーンから解放されましたとさっ


めでたし めでたしっス


今回の溶接時のお話は、今日の今日迄、彼の名誉の為、誰にも話さずにおりました(UMEさんにすら)。
ずいぶん前にもういないので、書いてしまいました。
ごめんねおじちゃん。

土曜日の18:30、無事に焼却炉をキカイダーHさんが、お客様のトラックへ積み、お持ち帰り頂きましたぁー


明日は、新年一発目落札日用のあれこれを出品しますよーっ!
IMG0979.jpg
IMG1219.jpg
IMG1118.jpg
IMG_1305.jpg

おたのしみにーーっ

では、また明日ぁーっ!!

スポンサーサイト
2017-12-27(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

無限堂スタッフ

Author:無限堂スタッフ
電動工具・機械工具の買取販売は無限堂へ!
無料で出張査定も行っております。
--------------------
〒254-0014
東京都町田市小川1735
TEL:042-706-8693
FAX:042-706-8694


商品の在庫はこちらから御確認ください
http://r-mugendou.com/kanto/

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR