FC2ブログ

はいそうです。きっと。

私Z、長期に渉り、リサーチしていた事項がございます

厨房館やオフィス館に向かう方々が、こちら(機械工具館)に迷って来られる際の為や、ここ数年来られていなかったお客様の為に(←昔はここにあったので)、

[ぎょめーん ここじゃないのよーん]
というのと
[地図はこちらです。ご自由にどーぞ]

という看板的なものを置いているのですが、どこに置けば来られた方の目に入るのかというリサーチです。



元々、ここに設置していたのですが、

IMG_7344.jpg

IMG_7345_20200226210819181.jpg



まーったく意味を成さないワケです。


で、店内までいらして、あれ?厨房機器は??的な・・・



車降りて、店内まで入って、それで場所違うったら、なんかヤル気失せるでしょう・・・




なので、何とか車内で若しくは、駐車場に止める前に気付いて頂けば、方向転換してそのまま道路へ戻れるので、まだモチベーションが保って頂けるのでは??と思うワケです。





で、少しづつ前へ出していったんですね。




ここですっ!! ここですよーっ





ここになってから、かなりの数の方々が、店内へ入らずに別館へGOして下さる様になりましたっ!!!



IMG_7332.jpg

IMG7333.jpg



地図の枚数の減りが早くなったことったらないです。




まぁ、今までは、その枚数分とほぼ同等の回数、スタッフが口で説明していたという事なんですよね。



ほぼ一日中、屋外にいる私だけでも、毎日結構な数捌いてましたので、お客様的にもスタッフ的にも、ウィンウィンな感じになったかなと思いますっ



個人的には、1回1回 ゴム手袋を脱ぐ手間が無くなり、作業を中断する事がかなり減少しましたっ



めでたしめでたしです




ちなみに以下は、前回のつづきで、まったくめでたくないお話です(笑)


※※※※※※※※※※※※※※※


な…なんという…



敗走時効ぢゃなくて、配送事故ですね…




このコンプレが無事かどうかを確認せよと…




なるふぉど。




ん??



RIMG06411.jpg




ドレンがモゲてる…だと…?



しかも、根元…


コンプレッサーを吊ったり、フォークで上げたりして落としたのなら、タイヤが先に打撃受けるよね???


しかも、正面から打撃を喰らってますよね


RIMG0649.jpg



不思議…



でもでもでもでも



そんなのカンケーねぇーっ




私に求められているのは、症状を診るのと、壊れてた場合には元通りになるかを判断する事で、その調査。




まずは、試運転するのに、ドレンが現状(モゲ)だと、空気が溜まらないんで、確認も出来ません。



なので、ドレン復旧から開始します。



RIMG 0650


RIMG 06511


まずはモいでやります。


RIMG0653.jpg

RIMG0654.jpg


エアータンク側のモゲ残りを逆タップで取って

RIMG 0660



エルボとニップルを用意して

RIMG0655.jpg


復旧ぅ~っ

RIMG 0663

RIMG 06671

RIMG 06681



さぁ、圧縮運転いってみよーっ

DOUSA11.jpg


おっいーよー

DOUSA22.jpg



うんうんいーねー

DOUSA31.jpg



いぇーい到達ぅ

DOUSA41.jpg




Vベルトカバーがプーリーに当たってたけど、こーゆー事かぁ

RIMG 0644



本体がベルトカバー側に倒れて、このL字のサポートが潰れて、90°じゃなくなったから、カバーがベルトに当たってたのねー     シュゥゥ…





シュゥゥ…





ん?


かすかにエアーが漏れてる…?


DOUSA5 ARERE1



圧が下がってるねぇ。結構な漏れスピードじゃね??



バルブが緩いのかな?



んー。大丈夫だねぇ。



音どこからだ??



んしょ んしょ



うぃーっしょ うぃーっしょ







RIMG06821A.jpg




タンクのこんなトコから音が聴こえるゾっ??

RIMG06821B.jpg




おいおい… んー、ここォ?


RIMG06821C.jpg







んNoォーーーーーーーっ



RIMG06821D.jpg

RIMG06821D2.jpg





アウトぉーーーーーっ
指を当てて余裕で分かる量で、一応石鹸水かけたら、ぷっくぷくですよー



第二種圧力容器なんで、直せませーーーん



労働安全衛生法とかで、軽微な補修等でも変更届を行い、補修工事後に変更検査を受ける必要ありますモンね?

溶接補修後の詳細な取り決めって、製作後に比べるとかなり曖昧なのかもですが、当店で保証するには、そーするしかないですよね?


溶接して、変更検査せずそのまま売って、破裂→死傷なんて…




いやいや、人殺しにゃなりたくないのでねっ




14kg/cm2越えは、かなりの威力だと思いますよー。




簡単に破片だけで死ねるでしょう



とゆー事で…


RIMG2286.jpg

RIMG2283.jpg



部品取りですねー



グバーイコンプレ…


手塩にかけて出品したのに…









私なんかより…


お客様の方が、ガッカリされたのでしょうねぇ…




全額お金が返ってきたから…ってねぇ…




私に求められていたのは、[症状を診るのと、壊れてた場合には元通りになるかを判断する事で、その調査]

でしたが、廃車(廃機?)となれば話は別です





コンプレを乗せてたパレットが突如壊れた(そして落ちた)的な報告だったのですがね…?



今回、たまたまではありますが、パレット上(タイヤの乗る部分)に板1枚ネジ留めして当ててますしねぇ…

タイヤは、パレットのほぼ柱の上で、板がたわむ部分ではないですし…


IMG_4032.jpg


IMG40321.jpg



また、梱包時に、これはいつもですが、4輪に車止めをパレットにネジ留めしているので、物理的な事項としては、なかなか合点が行かぬ感じなのですねぇ…

車止めを乗り越え(て落ち)たのであれば、それ相応の何かが、事前に起きているでしょうし


壊れたというパレットはこちらに返還されなかったので…

①報告では落ちたという。タンクの亀裂は
 溶接部の淵を介しており、確かにタイヤに
 衝撃(落下)を受けたものだと推測出来る。
 しかし、何故タイヤより上に位置するドレン配管
 の根元も逝ったのか

②そのドレン配管の根元が、正面からの打撃を
 喰らって折れている理由

③正面打撃の破損部があるのに、パレットが壊れて
 落ちたという報告になっている理由、若しくは
 パレット破損が最初だとして、壊れてから、
 そこに至れる可能性というか経緯

も含めて、何にも分からずじまいです…



分からないと、次回に活かせないのですよ…


活かせないという事は、今やった作業は、ただの時間の無駄という事になるんです。



あーもったいない。誰も幸せになってないし…




おー、ちょうど雨と来ましたか…


空も、私の気分を酌んでくれたのでしょうかねぇ。


雨なのでまた小物を…

RIMG 09301X


10馬力(7.5kW)のコンプレッサー(若しくは1100L/min)まで対応可能な、なかなか良いドライヤーです。


勿論試運転済み良好で、写真もあるのですが、この日、雨&3℃


せめて気温が15℃以上あれば、スタートのゲージ圧力も、もう少し高めで、ガーっと圧が下がって見やすい試運転写真だったのですが、たいして動いてない様に見えるのが残念…







うっほー

RIMG 21601




うって変わってなーんて良い天気っ



出品経験のある方っ!なかなかこんな角度では撮らないでしょうっ


これ、パッケージコンプレッサーですっ



私Z、実は毎回撮ってるんです。コンプレッサーに関わらず毎回ですよ?


かがんで見りゃいーのですがね?その体制だと腰がツラいので、この様に写真を撮って、汚れ残りが無いかを確認してるのですよ。ジイさんだねっ


内外共に結構綺麗な上に、タイマーリレーを組んだドレン(排出用タイマーね)をわざわざ装備し、


RIMG 2179ZX



ブレーカーも付いている(マグネットとサーマルはもちろん)という、お得な3馬力ですよーっ


RIMG 21291




ぜひ、オークションを覗いて見て下さいねーっ


RIMG 2223X





って、そろそろ巻きが入って来てますな?

コンプレ用ドライヤーらへんから、商品紹介がさらっとしすぎてはいませんかな??

早く(ブログを)終わろうとしてませんかな??




そんなこたぁー無いベラよーっ

似た様な処置や修理は、過去に書いてるからいーですよねー?




そうそうっ

毎回やってる事と言えば…



言わずと知れた溶接機の中ですね。


RIMG 0916
 ↑これはスタッドね


溶接機の中の蜘蛛の巣や埃、塵や屑などは、毎回除去ですねっ


動作不具合や寿命縮みの元ですからねー


裏側を洗うのも毎回です。当たり前ですが。

RIMG0969.jpg




毎回どころか、ほぼやらない事も今回は行っております。

YOUXX.jpg



この試運転、何か違和感ありませんか??



そう。棒が長い。


スタッドビット(ワッシャービット)が無くてですねー

IMG0791.jpg

IMG07915.jpg
 ↑こんなやつ


で、溶接チップなるものに切り込みを入れて、

IMG_7309.png
RIMG 2312


ロングスタッドビーーット完成ぃーーーーっ

YOU12.jpg


チップって脆いから、2回溶接しただけで欠けました


この溶接機の最大の売りは、何と言っても裏が焼けない事なんですよー


RIMG 2052



ね?ワッシャーの裏面、何ともないでしょ??


これって、革命的だってくらいスゴいと思うんですよねーっ


表面も、普通こうなります。

IMG16162.jpg


溶接された部分が、黒くモリっとなるのと、ワッシャー側に円の一部(曲線)が入ってしまいます。

IMG161624.jpg


が、この溶接機は

RIMG 20481


そーいったモノが付かないんです。


じゃあくっつきが弱いのかといえば

RIMG 2051

RIMG 2050
 ↑バイスやケーブルの重みもなので、
  かなり重量がかかってます。

そーでもない。ってかすごく良い感じそれでいて、クニュクニュってすれば簡単に取れるので、付き過ぎという事もない。


スゴくないですか???


ヤシマさん的には、
コンデンサに蓄電した大電流を、1/1000sという短時間で放電します。
それにより、ハイテン材に対する入熱を抑制するだけでなく、アークを面全体に逃がすというか何というか(←あやふやぢゃねーか…)によって、パネル裏面の焼損(熱損傷)も防止するのだそうです。


とにかくですよ。だから何だ?と言われる方もいらっしゃるかもですが、裏が傷つかない, 若しくは焼損しないってのは、ガソリンタンクなど、内部にあれこれ入れたり出来ない様な、裏面を処理出来ないものにべーリベーリーぎゅーなんです

傷や焼損って、近日錆びちゃうんで、鈑金の際には、そういう場所にサビない処理をしなきゃならないのですが、ガソリンタンク裏とか…出来ないんですよ。

なので、このスタッド溶接機はスゴいワケですねー



そして、パネル修正後処理用の、LPGボンベ, トーチバーナーも付属していたりして。

RIMG0971211.jpg



完璧ですよっ


更にその上!!!

って、テレビショッピングみたいですがねぇ、希少なファインプーラーも付属するんです。

エアー不使用仕様で、コンプレッサーいらずっ!

ファインプーラーって、溶接出来るガン型プーラーで、これががあると、作業箇所の形状や凹みの大きさに合わせて部品を交換する必要が無く、連続作業(溶接~引き~溶接~)が可能且つ、それによる溶接チップの摩耗による引き位置の変化も簡易調整出来、作業効率が良いんです。

簡単には、通常の場合だとワッシャーとかを、通常のガンの先っぽにスタッドビットをハメて溶接して、イージープーラー等に持ち換えて、そのワッシャーを引っ張るという感じです。

今回ご紹介するこれだと、先っぽに溶接チップをハメたファインプーラーで直接溶接して、それをそのまま引っ張れるので、持ち換え無しで「ハイ次っハイ次っ」ってイケるという感じです。


こちら(ファインプーラーでの溶接)も、ちゃんとくっつくし、鉄板裏面の焼損(熱損傷,溶接痕)はありません。

RIMG 2064
 ↑こんな鉄板も持ち上がる程っ


あぁ、くっつきに関しては、もちろん電流値を上がれば、ガンガンくっついてクニュクニュっとしても取れねぇーみたいな感じにはなりますよ。厚さと電流値の兼ね合いですのでね。

個人的に、何度もスタッドを試運転した感じや同じ電流値での比較のお話です。


RIMG 1027XX



これは買いですねーっ ってか、100V仕様なんで、私の家にかなり欲しいですっ


だって、よくよく考えたら、スタッド溶接ってスゴくないですかー?

例えば鉄板2枚重ねて、表側の鉄板だけに「えいっ」ってやるだけで、2枚がくっついちゃうんですよー??

見えない向こう側とくっつけられるんですから!!

アーク溶接じゃ出来ない事が多々出来るっ

発明した人、天才だと思いますよーっ


私なら自動車鈑金でなく、オブジェを作りますねーっ




とスタッドに興奮している間に、先日あんなに労力を私から奪ったウェルダーくんが、たった1週で売れちまいました



いやいや、嬉しいんですよ??すっごく嬉しいんですよ??


しかしながらね??


もうここから無くなるの??
雨とかで出来なかった日も多々あれど、それにしても作業期間より短い時間でいなくなっちゃってんじゃないの??


という…


何やらモヤ感が…



前回最後の方で私、ホザいてましたね。



[しばらくウェルダーはおなかいっぱい]って…



それは、店にモノがある時のおはなし…


もう無い…






やっるならいっましっかねぇ~(by五郎さん)





またウェルダーかぁ~




とほほっ





スポンサーサイト



2020-02-26(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

無限堂スタッフ

Author:無限堂スタッフ
電動工具・機械工具の買取販売は無限堂へ!
無料で出張査定も行っております。
--------------------
〒254-0014
東京都町田市小川1735
TEL:042-706-8693
FAX:042-706-8694


商品の在庫はこちらから御確認ください
http://r-mugendou.com/kanto/

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR